風ニ舞ゥ謳

おどり  うたい  かなでる  風の畑   なんだか ここちよい、、、、 
つちのめぐみを わかちあう みんなの畑を日々うごきまわる  平野さんのまわりで おこる わくわくを 舞う そんな日々
from 青空生産農場 南アルプス市 山梨県  

佐野のおばあちゃんの家にゆくと
夏には毎日、
「きゅうりもみ」という、きゅうりとお麸の胡麻酢和えを作っていました。

今日はハグラウリで。

お麸は高タンパク、低カロリー、
鉄分も、繊維質も豊富な地味だけど
かくれた優れものです。

ランナーたちにもすすめる、地味滋養豊富な
食材です。



image

ふわりとジューシィで
あまりに 美味。

皮ももちろんいただきます。


image

茄子、白茄子、ズッキーニは
オリーブオイルでソテーしておきます。

スライスしたにんにくと玉ねぎを炒め、
ひき肉を鍋で火を通し、カレールーを入れます。

最後に合わせて盛り付け。

わたしは、トウモロコシ、バジルの葉を添えました。



image

まるのまんま、
フライパンで ひっくり返しながら焼いて

水の入ったボウルで冷やして
縦に裂いてお皿に盛り付けただけ。

皮ももちろんいただきます。

わたしはオリーブオイルと塩をかけただけ。
茄子の深い甘みにびっくり。
いつもは 落とすヘタの内側も柔らかで美味。
すてないで いただきました。


ポン酢、ドレッシングももちろん合います。


image

特別でなくとも
パンにチーズとオリーブオイルとで
サンドウィッチ、、、

平野さんのバジルは
優しい香りです。

image

白い茄子が届きました。
白い陶器のような美しい茄子。

輪切りにして
すぐに水にさらし アクをさらっと
とってください。

その後 油であげて
以下につけこみます。


■茄子 2〜3本


胡麻油大さじ2
醤油大さじ3
砂糖大さじ3
酢大さじ2
麺つゆ小さじ1
油適量

赤米、、、。

抗酸化作用のある 紅い色合い。
三合だきに 大さじ一杯ほど加えると
全てに粘りを与えてくれます。

もちもちして はんなり紅いろで
ぜいたくです。

この時期は
大葉の千切りや 切り胡麻を
さっとトッピングしたら
ご馳走ですね。

赤米は届きましたら
ビンにあけてお使いいただくと
便利です。



image








image

このページのトップヘ