風ニ舞ゥ謳

おどり  うたい  かなでる  風の畑   なんだか ここちよい、、、、 
つちのめぐみを わかちあう みんなの畑を日々うごきまわる  平野さんのまわりで おこる わくわくを 舞う そんな日々
from 青空生産農場 南アルプス市 山梨県  

人参の頑丈な茎は
カットして干しています。
お茶にしようと思っています。

image









やわらかめな葉は
このように 洗って使えるばかりに
パックしておけば

いつでも
オムレツ、チヂミ、天ぷら、ソテーに使えます。

なんといっても栄養価が高く、
そして美味しいのです。

人参の葉のてんぷら



葉っぱは実よりも栄養価が高いと言われています。
 抗酸化作用も高く老化防止に。

葉つきですので 届いたら葉っぱと実(根)を切り離してください。
根はぜひ皮をむかないで 調理してください。
そして切り落として捨ててしまいがちな肩のところは
実はおひさまにとっても当たっていてビタミンがあつまっています。
目によいカロテン分がかたまっていると言われていますのでぜひ捨てないで召し上がってくださいね。


[人参の茎茶]
茎と葉にわけて 茎は2週間ばかり干して お茶にしてみましょう。
①干したら一旦洗って ホコリなどを除く。
②キッチンバサミで 2センチぐらいにカットしてフライパンで焦げないように炒る。
③広げて熱をとって さあ、煎じていただいてみましょう♪

[人参の葉のパスタ]
さっとゆがいて 包丁でかなりしつこくミジン切り、つぶし生にんにくとお塩とオリーブオイルをあわせてパスタに和えてみてください。


柔らかい部分はカットして
チヂミ、お好み焼き、オムレツ等が
いただきやすいですが、
一旦ポリ袋に入れて冷凍庫で
凍らせたものをパリパリと手でくだいて
カットして炒め物に入れることもできます。

茹で上げたパスタに
オリーブオイル、つぶし生ニンニク、
塩、バジルを和えるだけ。

バジルパスタ














ただのミートソースではつまらないから
パスタの上には
リーフレタスを蒸したものが載せてあり
そこにミートソースをトッピングしました。

野菜を好みにくい方には
得策。

ピクルスを添えたら
食べやすいランチになりました。


バジル薫るミートソース














ピクルス

image
















【基本のピクルス液 】野菜の量で調節します。

米酢 200cc
水 3/4カップ
お砂糖 大さじ 3
塩 小さじ2
粒コショウ 小さじ1
ローリエ 1枚(詰める瓶の本数にあわせてちぎっておくとラクです。)


ピクルス液を鍋で煮立て

カットした野菜を入れて
ひと煮立ちさせます。
殺菌の意味もあるので
全体を混ぜて 液に くぐらせます。

粗熱をとって、瓶に詰めれば
贈り物にもなりますね。

にんじん、だいこん、きゅうり、
玉ねぎなども楽しめます。

ピクルスは子どもには馴染まないかなと
思いましたが
米酢だと優しく仕上がり、
日本人にも召し上がりやすいと思います。

半日もすれば浸かりますし、瓶を煮沸してきっちり締めれば、かなり持ちます。
ピクルス液も煮立てれば、もう一度使えます。



洋子さんから
今朝送られてきた画像です。
わたしも偶然、今朝ほど 出かける前に
ピクルスを仕込みました。


image


野菜をオリーブオイルでソテーして
塩を振って、。


プレーンヨーグルトに
ワサビ
塩を 入れて 混ぜたものを

添えてみました。


梅雨の時期に
シャッキリ 、でも、ふんわり。


きゅうりにも。


image

夏至 と ほぼ満月 

夕方まで、地面がかっかと暑く、蒸しています。
ついつい冷たいものをとりがちですが、
ここで温かい飲み物で内臓をいわってあげたいですね。


シナモンバジルを煎じて飲んでふくよかな甘さに驚きました。

ミント、ローズマリー、煎じていただいてもスキッとします。


わたしのお気に入りは どくだみのお茶です。
白いお花も好きですが、あのお花の咲いた頃に根っこを残して茎ごと収穫し、天日に干して煎じて飲みます。

清涼感のある甘いお茶は あの生のときに薫る刺激的な印象からは異なる やさしいお味です。

まだ、山のほうに行くと咲いているでしょうか、
今年は思いのほか植物の進みが早くて、、、、。お近くにありましら ぜひお試しください。




                                    畑の案内人 

このページのトップヘ